HOME >  コラム >  市販のマウスピース矯正は効果ある?おすすめできない理由・歯科医院の費用相場もご紹介

市販のマウスピース矯正は効果ある?おすすめできない理由・歯科医院の費用相場もご紹介

目立ちにくい矯正装置である「マウスピース矯正」が人気を集め、ネット上では市販のマウスピースで矯正できるという情報が散見されます。歯科医院で治療を受けると費用が高くなってしまうため、市販で手軽に矯正したいと考える方も少なくないでしょう。

しかし、市販のマウスピースは、そもそも矯正のために販売されているものではないため、思うような矯正効果が期待できません。

今回は、市販のマウスピース矯正について解説します。市販のマウスピース矯正がおすすめできない理由や、歯科医院で行った場合の費用についてもあわせて解説するので、マウスピース矯正を検討している方はぜひ参考にしてください。

市販のマウスピース矯正とは

市販のマウスピース矯正とは、歯の保護を目的としたマウスピースの装着により、歯並びの改善を期待するものを指します。ドラッグストアなどで手に入るため、歯科医院で行うよりも安く手に入れられるケースが多いでしょう。

市販のマウスピース矯正に効果は期待できる?

市販のマウスピースは、激しいスポーツなどによる怪我から歯を守ったり、歯ぎしりによる摩耗から保護したりするために販売されています。歯並びや噛み合わせの矯正が主な目的ではないため、多少の改善は見込めても歯科医院で行うような矯正効果は期待できません。

市販のマウスピース矯正がおすすめできない2つの理由

歯の保護が主な目的である市販のマウスピースと、歯科医院で作製する歯列改善のためのマウスピースでは、矯正効果に大きな差がでてしまいます。市販のマウスピースで歯列矯正は期待できないため、あまりおすすめできません。

ここでは、市販のマウスピース矯正がおすすめできない理由について解説します。

治療中のリスク管理が難しい

そもそも歯列矯正は、硬い骨のなかに埋まっている歯を少しずつ動かして歯列を改善させる歯科治療です。歯列矯正は医師の管理下で行っていても、さまざまなリスクがともなう高度な歯科治療のため、診断を受けずに市販のマウスピースでの矯正は大変危険な行為です。気づかぬうちに歯へ大きな負担をかけてしまうケースも少なくないでしょう。

歯並びを改悪してしまう危険性もある

市販のマウスピースはさまざまな口に合うよう作られているため、自分の歯に合っていない可能性があります。適切な形状でないマウスピースを使い続けることで、歯並びが悪化してしまう可能性も考えられます。医師による定期的な確認も行えないため、大変危険です。

マウスピース矯正を行うなら、歯科医院での治療がおすすめ!

マウスピース矯正でできる限り満足のいく結果を求めたいと思うのであれば、歯科医院で医師の診断を受けたのちに作製するマウスピースがおすすめです。通院する必要がありますが、市販のマウスピースでは対応できない症例でも改善できるでしょう。

ここでは、歯科医院でのマウスピース矯正がおすすめの理由について解説します。

綿密な治療計画・オーダーメイドのマウスピースで、理想の歯並びを目指せる

歯科医院で行うマウスピース矯正は、レントゲン撮影や歯型の模型を取り、それぞれの症例にあわせた緻密な治療計画を作成します。正しい歯並びや機能的な噛み合わせへ改善させるために、オーダーメイドのマウスピースを作製するため、理想的な歯並びを目指せることが市販のマウスピース矯正との大きな違いでしょう。

虫歯や歯周病を早期発見できる

定期的に通院して医師に口内を確認してもらうため、虫歯・歯周病を早期発見できます。矯正治療中は、装置が長時間口内に付いているので、どうしても虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。歯科医院で矯正治療を受けることで、早期に発見して素早く対応できるため矯正治療が中断されることなくスムーズに進むでしょう。

トラブル時すぐに対応してもらえる

矯正治療中は、虫歯や歯周病だけでなくさまざまなトラブルが発生する可能性があります。マウスピースの破損や紛失など、何かあった場合にもすぐに相談できる医院があると安心です。また、治療中の痛みや不安に感じることなど、小さなことでも医師に相談できるため安心して治療を進められるでしょう。

マウスピース矯正の費用相場

歯科医院でマウスピース矯正を受けるには、だいたい120万円の費用がかかります。医院やメーカーによって費用が異なるため、費用の内訳を以下の表にまとめました。

  治療前 治療中 治療後
カウンセリング 無料※
診断・精密検査料 0~50,000円    
マウスピース代 120万円
調整・処置代 0~5,000円
保定装置代 0~60,000円
保定観察料 3,000~5,000円

※カウンセリングのみは無料の医院が多く、治療を受けることになれば無料になるケースもあります。

マウスピース代へ調整料や保定装置代・保定観察料が含まれているケースもあります。医院がそれぞれに設定しているため、総額や内訳は目安として参考にしましょう。予算がある場合は複数の医院でカウンセリングを受けるなどして選ぶとよいでしょう。

マウスピース矯正の費用を抑える4つのコツ

市販のマウスピース矯正を検討している方のなかには、歯科医院での治療費がネックとなっていることもあるでしょう。しかし、歯科医院でマウスピース矯正を受ける場合でも、費用を抑えるコツがあることをご存じでしょうか。

ここでは、歯科医院でマウスピース矯正を受ける際の費用を安く抑える4つの方法を紹介します。

マウスピース矯正が安い歯科クリニックを選ぶ

マウスピース矯正は、さまざまなメーカーがマウスピース矯正を開発しているため、それぞれの医院で取り扱っているメーカーが異なります。そのため、メーカーによっては安い費用で治療を受けられるケースがあります。

また、同じメーカーでも、医院によっては費用を安く設定していることもあるでしょう。あまりにも格安な場合は治療の質が劣る可能性がありますが、予算内でマウスピース矯正が受けられる医院を探す方法もあります。

部分矯正で対応できないか、医師に相談する

マウスピース矯正でもワイヤー矯正と同じように、部分的な矯正が可能です。部分矯正であれば全体矯正に比べて費用を抑えられるため、比較的軽度な症例であれば部分矯正を検討してもよいでしょう。

ただし、部分矯正は適用できる症例が限られているため、治療を受けられないケースもあります。また、歯並びの改善のみ可能で、噛み合わせは改善できないので、医師とよく相談してから決定するようにしましょう。

医療費控除を申請する

医療費控除とは、1年に支払った治療費が10万円(総所得が200万未満の場合は、総所得の5%)を超える場合、確定申告をすると支払った税金の一部が還付される制度のことです。

歯並びや噛み合わせの改善を目的としたマウスピース矯正の場合は、医療費控除の対象となります。会社勤めの方は、指定の日時に自分で申告する必要があるので、あらかじめ準備しておくと申告忘れを防げるでしょう。

モニターとして治療を受ける

モニターとは、医院が独自に設定した治療のモニターとなり、治療過程の写真などを資料として提供することで割引を受けられる制度です。提供した資料は院内の説明用資料や、学会の症例発表などで使用されます。一般的には名前や目元を伏せ、個人が特定されない形で使用されますが、心配な方は入念に確認しておくと安心でしょう。

ただし、モニターはどこの医院でも募集しているとは限りません。タイミングが大事な制度でもあるので、検討している方はこまめに医院のホームページなどをチェックするようにしましょう。

まとめ

市販のマウスピース矯正について解説しました。市販など手軽に購入できるものは効果が薄く、思うように改善できないケースがほとんどです。安全に歯列を整えるためには、歯科医院で医師の診断を受けるようにしましょう。

吉祥寺セントラルクリニックでは、各分野の専門医と技工士や歯科衛生士がそれぞれ連携を取り合いながら、最善の治療を提供できる環境を整えています。また、院内感染や安全性にも配慮した空間で治療を提供しています。歯列矯正を検討している方は、吉祥寺セントラルクリニックへお気軽にご相談くださいませ。

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリームの
入っているビルの5Fです
アクセス