HOME > クリニックについて > 院長紹介

院長紹介

院長 医学博士 矢端正克

矢端正克 院長(医学博士)

癌を中心に成人病解説の第一人者。
1970年: 日本医科大学卒業 1945年生まれ 出身地: 群馬県前橋市
がんの世界的権威 故中山恒明 東京女子医科大学消化器病センター名誉所長の最も若い愛弟子。
多くの政治家・財界人・芸能人の主治医を勤める。
各界で多くの主治医を勤め、精力的に健康啓発活動を行っており、お茶の間にも幅広く知られている。
夫人は皮膚科医として著名な幸子氏。

矢端幸子先生の紹介

経歴

  • 1970年に日本医科大学を卒業、東京女子医科大学消化器病センター外科に入局。
  • 1978年~2007年 東京女子医科大学講師。
  • 1979年~1999年 ヤバタ胃腸病院院長。
  • 1989年~1999年 財団法人中山がん研究所理事・副所長。
  • 2002年~ 吉祥寺セントラルクリニック院長。

主な著書

「がんの治療最前線」(保健同人社)
「胃腸病を治す食事と生活」(主婦と生活社)
「知ってなっとくからだの疑問」(小学館)
「半病人の健康法」(扶桑社)など多数

ページトップへ戻る

矢端正克院長・矢端幸子先生の主な著書

  • 「がんの治療最前線」(保健同人社)
  • 「胃腸病を治す食事と生活」(主婦と生活社)
  • 「知ってなっとくからだの疑問」(小学館)
  • 「半病人の健康法」(扶桑社)
  • 「胃腸病を治す食事と生活」(主婦と生活社)
  • 「女医さんのレシピ・きれいになる料理」(文藝春秋)
  • 「和素材美人」(フィールドワイ)監修

矢端正克院長・矢端幸子先生の主な著書

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談 ご予約変更・キャンセル

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス