義歯・入れ歯

義歯(入れ歯)でお悩みではありませんか?

義歯治療

できるだけ自分の歯を長く残したいものですが、厚生労働省の調査によると80歳以上の残存歯数の平均は8.9本、85歳以上になると6.0本となっており、ほとんどの方が義歯(入れ歯)やインプラントなどの欠損治療を受けられています。

現時点では、保険が適用できる欠損治療は義歯(入れ歯)しかありませんが、保険の範囲では精度の高い義歯(入れ歯)を作ることは難しく、「合わない」、「すぐに外れてしまう」、「臭いがとれなくなる」と言う悩みも多く聞かれます。

常勤の歯科技工士を抱えている当クリニックでは、保険の義歯であっても可能な限り、患者様のお口にぴったり合った義歯(入れ歯)をお作りしておりますが、より快適な義歯(入れ歯)生活を送っていただくために、様々な種類の義歯(入れ歯)をご提案しています。

入れ歯治療

義歯(入れ歯)とインプラント、どちらが良い?

歯を失ってしまった場合は義歯(入れ歯)またはインプラントのどちらかをお選びいただくことがほとんどです。どちちらを選ぶかで迷われる方が大勢いらっしゃいますので、それぞれの利点・欠点について比較いたしました。

インプラント治療と比較した利点・欠点

ページトップへ戻る

どんな部分入れ歯をお探しですか?

部分入れ歯とは、残存歯がある場合に用いる義歯(入れ歯)です。適用部位や目的、ご予算などのご希望により、最も合う部分入れ歯をお選びください。

低料金の部分入れ歯

保険適用でリーズナブルなプラスチック製の部分入れ歯

保険の部分入れ歯

金具が目立たない部分入れ歯

歯の色に近い白い金具を使用する部分入れ歯

白いクラスプを使用した部分入れ歯

金具を使用しない弾力のある部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ガタついたり外れたりしにくい部分入れ歯

アタッチメントを使ってしっかりと安定させる部分入れ歯

テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャー
磁石アタッチメントデンチャー
バーアタッチメントデンチャー

ページトップへ戻る

どんな総入れ歯をお探しですか?

歯が全く残っていない場合に使用する入れ歯です。お選びいただく治療法や素材によって、臭いがつかない・はずれないなど、様々な特徴を持つ総義歯をお作りすることが可能です。

低料金の総入れ歯

保険適用のプラスチック製の総入れ歯

保険の総入れ歯

臭いが気にならない総入れ歯

イボカップシステムで作る臭いが付着しにくい総入れ歯

臭いの付きにくい総入れ歯

薄くて違和感が少ない総入れ歯

義歯床に金属を使用することで薄く作ることが可能な総入れ歯

金属を使用した薄い総入れ歯

ガタつかず、しっかりかめる総入れ歯

インプラント(人工歯根)を固定源としたガタつかない総入れ歯

磁石アタッチメントデンチャー(インプラント)
バーアタッチメントデンチャー(インプラント)

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス