インプラント特集3

インプラント治療 を受ける前に必ず把握しなければならないこと

「インプラント専門の歯科?」それとも「総合(一般)歯科?」どちらで受けた方がいいの?

上記質問も最近かなり増えております。

昨今、経験の乏しい歯科医師がインプラント治療を手掛けトラブルに陥るという問題が増えているということは患者様もご存知でしょう。この観点からすれば症例数の多いインプラント専門の歯科で治療した方が良いのではないかと思われます。

しかし、一番良いのは総合(一般)歯科でインプラントの症例数が多いところではないでしょうか?

インプラント専門の歯科はインプラントしかしてくれない?

「当院はインプラント専門の歯科ですので、インプラント治療は当院で行いますが、他の治療は地元の歯科で受けてください」他院にてこのように言われ、当院を訪れる患者様が最近増えております。

患者様からの質問・疑問を下記にて紹介させて頂きます。

■質問1

虫歯や歯周病もあるのにインプラントはインプラント専門の歯医者で、他の治療は地元の歯医者で受けたら噛み合わせとかバラバラにならないのでしょうか?

■質問2

インプラント治療が終了したのち、メインテナンスは地元の他の歯医者で受けるように言われたのですが、それって大丈夫なのでしょうか?

■質問3

言われたとおり地元の歯医者でメインテナンスをしっかりと受けていたにもかかわらず、将来もしインプラントが駄目になった時、どちらの歯医者の責任となるのですか?

【 質問1 】に対して

虫歯の本数も少なく、歯の欠損数も少ない場合はさほど噛み合わせに大きな影響はでないでしょう。

しかし、歯の欠損数が多い場合や、自身の歯が虫歯や歯周病に罹患している場合、歯並びが良くない場合などは治療計画がとても大切となってきます。インプラント治療だけでなく、虫歯治療や歯周病の治療、場合によっては矯正治療が必要となることもあります。

その場合はトータル的に治療計画を立て治療していく必要が出てくるのです。複数の歯科で治療計画を共有し治療をすすめていくならばまだしも、そうでない場合はバラバラな治療となってしまう可能性も大きいです。

最終的に噛み合わせがバラバラになる可能性は大きいかもしれません。もちろん異なる歯科で治療した場合、インプラントの上部構造のセラミック歯の色と、虫歯で治療したセラミック歯の色がバラバラになる可能性もあります。

【 質問2 】に対して

問題はありませんが、「インプラント治療を受けられた歯科でメインテナンスを受けることをお勧めします」と断られる場合が多いでしょう。質問3 に対しての回答と重複しますが、責任問題が発生してくるからです。

【 質問3 】に対して

これは難しいです。責任の所在がはっきりとしない可能性があるため、十分に気を付けてください。

インプラント治療を行ったインプラントセンター(歯科医院)からすれば「メインテナンスがうまく出来ていないから駄目になったのだろう」となるし、メインテナンスを行なっていた歯科医院からすれば「うちで入れた訳ではないのだからインプラントに関しては関係ない」となる可能性が大きいでしょう。

なので質問2 に対しての回答で述べたような事が起こるのです。
しかし、責任もって治療にあたっている所であれば通常はメインテナンスは他院にはまかせないでしょう。

まずは確認してください。

  1. どこのメーカーのインプラントを使用しているのか?
  2. どこの歯科技工所に依頼しているのか?
  3. インプラント以外の虫歯や歯周病の治療(保険治療も含む)も行なってくれるのか?

どこのメーカーのインプラントが安全なのか?

最近、患者様からどこのメーカーのインプラントが良いのか?と言うお問い合わせが多く寄せられます。

現在インプラントメーカーは世界中では150 社以上ともいわれております。実際のところ正確な数は把握できておりません。正確な数が把握できないのは新規参入企業の増加や、企業間の吸収合併などが頻繁におこっており、また開発費や認可費に多額の費用がかかるため、売れなければ経済原理から倒産するメーカーも少なくないためです。

国内に目を向けますと、販売が認可されたメーカーは海外製、日本製含め30 社を超えているといわれております。認可されているわけですから品質は確かなもの?かもしれませんが、新規参入メーカーはシェアが取れず撤退する可能性があるため安定して経営をしているとは言えません。使用したインプラントメーカーが倒産してしまうと修理などにも対応が出来なくなり、最悪、インプラント治療を最初からやり直しなどという可能性もあるのです。

やはり1 番安心なインプラントメーカーは世界4 大メーカーのインプラントと言えるでしょう。

  1. アメリカのジーマーデンタル社( カルシテックインプラント)
  2. スウェーデンのノーベルバイオケア社(ブローネマルクインプラント)
  3. スイスのストローマン社 (ITI インプラント)
  4. スウェーデンのアストラテック社(アストラインプラント)

上記4 社のインプラントが世界を代表するトップブランドメーカーとなっております。

高価格ですが、いずれも信頼度・品質は非常に高く、押しも押されぬ代表格です。残念ながら日本のインプラントメーカーは入っておりませんが、日本のインプラント治療を手掛ける歯科医院ではやはり上記4 社のいずれかのインプラントを使用している所が多いです。

その中でもアメリカのジーマーデンタル社のカルシテックインプラントはHA インプラントとしては最も精度が高いと言われ、骨をつくる際や全体的な治療(歯の無い部分が多い治療)が必要な方にはこちらのインプラントが良いと言われております。骨と結合しやすいため、インプラント治療の期間が短縮されるというメリットもあるのです。

国産ならどこのインプラントメーカーが良いのでしょうか?

  1. 京セラメディカル株式会社(POIEX インプラント)
  2. 株式会社プラトンジャパン(プラトンインプラント)

上記2 社のインプラントは精度が高く、日本国内で愛用する診療所が非常に多いと言われております。中でも京セラメディカル社のPOIEX インプラントは国産インプラントでは日本で最も歴史があり、シェアNo.1 と言われております。品質の悪いインプラントメーカーはどこですか?

以前、国産の認可を受けたあるインプラントメーカーのインプラントが品質不良でかなりの問題となったことがあると聞きます。メーカー名は言えませんが、認可を受けたインプラント= 品質が良いということで必ずしも一致するとは限らないかもしれません。

例えば世界4 大メーカーのインプラントを使用した場合、フィクスチャーという骨の中に入れる材料費だけでも1 本35,000円前後します。アバットメントやその他のインプラント材料費、技工費も含めると150,000円前後はかかってしまいます。

しかし、アジアの安いインプラントを使用した場合、フィクスチャーという骨の中に入れる材料費はたったの数千円です。また、技工もアジアの国に発注すればインプラント材料費、技工費も含め全部でわずか数万円となるのです。ちなみに、以前中国で作製された歯科技工物から鉛やその他の有害物質が多々検出され、深刻な健康被害が日本で起きているというニュースが報道されたことは記憶に新しいでしょう。自分の口腔内に入る物がどこで作製されているかを把握することも大切かもしれません。

当院で使用しているインプラントについて

当院では3社4種類のインプラントを使用しております。

【京セラメディカル社】POIEX 1 ピース 及び2 ピースインプラント

日本を代表するトップブランドメーカーのインプラントの1 つです。

日本のインプラントでは

  1. 京セラメディカル株式会社(POIEX インプラント)
  2. 株式会社プラトンジャパン(プラトンインプラント)

の両者がともに高い精度を誇り、日本国内で愛用する診療所が非常に多いと言われております。その中でも京セラメディカル社のPOIEX インプラントは国産インプラントでは日本で最も歴史があります。1ピースのインプラントは構造上、アバットメントというジョイントが一体化されているため、前歯部に使用出来なかったり、噛み合わせの状態に制限を受ける場合は使用できないというデメリットがあります。

現在、京セラメディカル社のPOIEX 1 ピース 及び2 ピースインプラントに関して、当院が全国で最も低価格で患者様に提供していると言われております。(2013 年10 月調べ)

【デンティウム】SuperLine 2ピース インプラントラント

韓国を代表するトップブランドメーカーのインプラントの1つです。

韓国のインプラントでは

  1. オステム
  2. メガデン
  3. デンティウム

の3社が韓国を代表するトップブランドメーカーとなっております。2005 年に設立された世界的インプラントメーカーです。新進メーカーですが、高い品質が認められ、最近シェアが大きく伸びてきています。

【ZimmerDental 社】カルシテック2ピース インプラント

世界4 大インプラントメーカーのインプラントの1 つです。

  1. アメリカのジーマーデンタル社( カルシテックインプラント)
  2. スウェーデンのノーベルバイオケア社(ブローネマルクインプラント)
  3. スイスのストローマン社 (ITI インプラント)
  4. スウェーデンのアストラテック社(アストラインプラント)

の4社が世界を代表するトップブランドメーカーとなっております。高価格ですが、いずれも信頼度・品質は非常に高く、押しも押されぬ代表格です。

その中でもアメリカのジーマーデンタル社のカルシテックインプラントはHA インプラントとしては最も精度が高いので、骨をつくる際や全体的な治療(歯の無い部分が多い治療)が必要な方にはこちらのインプラントを使用しております。骨と結合しやすいため、インプラント治療の期間が短縮されるというメリットもあります。

日本の歯科医院の中でカルシテックインプラントの使用本数(購入本数)は当院が日本で1 番多いとのことです。当院のインプラント症例数は日本でかなり多いということです。(2013 年9 月メーカーによる回答)

吉祥寺セントラルクリニックのインプラント治療

ページトップへ戻る

初診予約受付
ご予約変更・キャンセル
無料メール相談
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス