HOME > 矯正歯科 > 成人矯正 > 唇側矯正(表側矯正)

唇側矯正(表側矯正)

唇側矯正(表側矯正)の特徴

歯の表側に装置を取り付け、ワイヤーの弾力を利用して歯列を整える唇側矯正(表側矯正)は矯正治療法の中で最も歴史が深いものです。症例の研究や検証もそれだけ多くなされて、治療的に最も確立されております。症例や装置の種類が豊富にあり、患者様への肉体的・精神的・金銭的な負担が最も軽い治療法であることも、唇側矯正(表側矯正)の大きなメリットと言えます。

ほとんどの不正咬合に適用可能

矯正治療は、歯につけたブラケット(矯正装置)にワイヤーを固定して、ワイヤーの弾力を利用して歯を動かす歯科治療です。よって治療の段階ごとにワイヤーの適切な調整が必要となります。
唇側矯正(しんそくきょうせい)は歯の表側にブラケットとワイヤーを付けますので、舌側矯正(裏側矯正)に比べ、細かな調整が可能な優れた治療法です。また、動かす歯の部位や症状によらず、ほとんど全ての不正咬合に対応することが出来るのも、唇側矯正の特徴です。

目立たない矯正治療が可能

唇側矯正

唇側矯正(表側矯正)と言えば金属の装置が目立って嫌なもの・・・という印象をお持ちではありませんか? 最近では歯の色に近い白いセラミックブラケットや、透明なプラスティックブラケットが開発され、表側の装置であってもほとんど目立たない矯正治療を行うことが出来るようになりました。
目立たない矯正装置(審美ブラケット)は、一般的なシルバーの装置よりも若干高価となりますが、当クリニックでは多くの患者様が選択されております。詳しくは矯正担当の歯科医師にご相談ください。

唇側矯正(表側矯正)の装置

唇側矯正(表側矯正)の装置

唇側矯正(表側矯正)の装置

唇側矯正【シルバー】

金属で出来ている一般的なブラケット(矯正装置)です。最もコストがかからない装置ですが、最も目立ちやすいというデメリットもあります。
アレルギーを引き起こしにくい金属で出来ていますが、ご心配な方は矯正担当の歯科医師にご相談ください。
当クリニックにおいて、小学生の患者様が最も多く選択される矯正装置です。

唇側矯正【ホワイト】

セラミックやプラスチックで出来ているブラケット(矯正装置)です。金属を使用しておりませんので、表側につける装置の中では最も目立たず、審美的に一番優れています。白いワイヤーやピーチゴールド色のワイヤーを併用すれば、更に、目立たなくなります。
当クリニックにおいて、成人の患者様が最も多く選択される矯正装置です。

装置の種類による利点・欠点

舌側矯正(裏側矯正)と比較した唇側矯正(表側矯正)の利点・欠点

利点

  • 症例や装置の種類が豊富で、ほとんどの不正咬合に適用が可能です。
  • 歴史も深く、治療的にも確立されていますので、動かす歯の部位や症状に制限を受けません。
  • 装置が舌に触りませんので、発音や咀嚼などの機能障害を起こしません。
  • 舌側矯正(裏側矯正)に比べ、細かな調整が可能で仕上がりが綺麗です。
  • 舌側矯正(裏側矯正)よりも治療期間が短く、1回の調整時間も軽減できますので、患者様への負担が少なくなります。
  • 汚れている部分をご自分で確認しやすいので、お手入れも難しくありません。
  • 歯の色に近い審美ブラケットをお選びいただければ、表側からでも装置がほとんど気になりません。
  • 審美ブラケットをお選びいただいても、舌側矯正(裏側矯正)より治療費・調整費が安価になります。

欠点

  • シルバーのブラケットの場合、装置が目立ってしまいます。

舌側矯正(裏側矯正)

マウスピース矯正と比較した唇側矯正の利点・欠点

利点

  • 適用範囲が広いため、ほとんどの不正咬合に適用できます。
  • 装置を付けたまま食事が出来ますので、付け外しの煩わしさがございません。
  • 歯の色に近い審美ブラケットをお選びいただければ、表側からでも装置がほとんど気になりません。
  • 審美ブラケットをお選びいただいても、舌側矯正(裏側矯正)より治療費・調整費が安価になります。

欠点

  • シルバーのブラケットの場合、装置が目立ってしまいます。

マウスピース矯正

唇側矯正・舌側矯正・マウスピース矯正の比較

  唇側矯正 舌側矯正 マウスピース矯正
審美性 目立ちにくい装置をお選び頂けます 表側からはほとんど見えません ほとんど目立ちません
治療期間 通常2~3年 唇側矯正よりやや長め マウスピースの使用時間に左右されます
(ワイヤー矯正より長め)
費用(上下) 700,000円(税抜)~ 840,000円(税抜)~ 1,200,000円(税抜)~
※全顎矯正の場合
適応症例 基本的に全て対応 症例が限定されます 軽度の症例に限られます
利点 1.症例や装置の種類が豊富
2.歴史も深く、治療的にも最も確立されている
1.目立たない 1.目立たない
欠点 1.シルバーのブラケットの場合、目立ってしまう 1.1回1回の治療時間や治療期間が長くなってしまう
2.費用も割高になってしまう
3.微調整が難しいことからかみ合わせをしっかりと仕上げることが難しい
4.口内炎が多発したり、発音障害が起こりやすい
5.歯の裏側に装置が付くため、装置がかなり気になってしまう
食事のたびにマウスピースの取り外しを行わなければならない
2.外したままつけ忘れていると、治療期間が長くなったり、歯並びの仕上がりに悪い影響を及ぼすことがある
お手入れ 汚れている部分を自分で確認しやすいので、お手入れも難しくない 汚れている部分が見えづらいので、虫歯や歯周病になりやすいので、かなりお手入れが大変 食事の度に、ご自分の歯とマウスピースの両方のお手入れが必要

舌側矯正(裏側矯正) マウスピース矯正

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談
ご予約変更・キャンセル

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス