矯正治療について

矯正治療とは

矯正治療前後

矯正治療とは、歯並びやかみ合わせを正しくする歯科治療のことで、歯列の見た目を綺麗にする審美的な改善だけではなく、咀嚼や発音など機能的な部分の回復も、同時に行われます。
これまでは歯の表面に金属のブラケットを装着しなければならなかったため、金属の部分が目立つことに抵抗感が大きく、なかなか矯正治療に踏み切れなかった方も多いことと思われます。
最近では、金属に代わり歯の色と類似した白いセラミックや透明なプラスチックのブラケットが登場したり、歯の裏側に矯正装置をつける舌側矯正という治療法が登場したため、審美的にも良い状態で矯正治療を受けていただくことが出来るようになりました。

矯正治療では歯並びを綺麗にするのに約1~2年。歯を保定するのに約1~3年の治療期間を要します。なるべく若いうちに矯正治療を行った方が歯の動きが良く、歯の後戻りも防ぎやすくなりますので、早めに始められた方が良い結果を得られるでしょう。

保定について

不正咬合の原因

不正咬合には様々な原因がございますが、多くは歯と顎のバランスが取れていないという先天性の要因(生まれつきの要因)が挙げられます。また後天的な原因としては、舌で歯を押したり頬杖をついたりするなどの口腔習癖や、柔らかい食事に慣れて顎の発育が不十分になるなどの生活習慣が挙げられます。足を組む癖、片方の顎でばかりかむ癖なども、長期に渡ると不正咬合の原因のひとつとなる可能性がございます。

大人の方の矯正治療(成人矯正)

矯正治療の目的は、永久歯(大人の歯)の歯列やかみ合わせを機能的に正しくすることです。年齢が若いうちに始められた方が早くに治療が終了し、後戻りもしにくいという利点がございますが、遅く始められたからと言って仕上がりに違いが生じることはございません。最近では60代の方が矯正治療を行われることも多くありますし、重度の歯周病で歯並びがガタガタになった場合には、インプラント治療だけではなく矯正治療で歯列を整えることも出来ます。

装置が目立たない矯正、短期間で終えることができる歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療、治療期間が限られている場合に気になるところだけ整える部分矯正など、患者様の症状やご希望に合わせた治療方法をご提案しております。「装置が目立つ」「治療期間が長い」と言う理由で矯正歯科の治療をためらわれていらっしゃる方は、一度ご相談にいらしてください。

目立たない矯正治療

唇側矯正(表側矯正)

唇側矯正

金属またはセラミックやプラスチックで出来た矯正装置を歯の表側(唇側)に取り付けて行う矯正治療です。透明に近い審美ブラケットをお選びいただけば、表側に装置をつけていてもほとんど気になることがございません。
唇側矯正(表側矯正)は、矯正治療の中では、最も一般的で歴史が深いものですので、症例や装置の種類が豊富にあり、治療的にも最も確立されているのが特徴です。

当クリニックを受診される成人の患者様のほとんどが唇側矯正をご希望されます。

唇側矯正(表側矯正)

舌側矯正(裏側矯正)

裏側矯正

※当クリニックでは、現在、舌側矯正は行なっておりません。

矯正装置を歯の裏側(舌側)に取り付けて行う矯正治療です。表側から装置が見えないという利点がございますが、唇側矯正(表側矯正)と比べると、費用が高い・治療期間が長くなる・微調整が難しいためかみ合わせをしっかりと仕上げることが難しい、という欠点がございます。また歯の裏側に装置がつくため、装置がかなり気になります。発音障害や口内炎も起こりやすいという欠点もございますので、患者様によっては精神的に参ってしまい唇側矯正(表側矯正)に切り替える方もおられるのが現状です。

こういった理由から当クリニックでは、舌側矯正(裏側矯正)をおすすめしておりません。

舌側矯正(裏側矯正)

マウスピース矯正

マウスピース

透明なプラスチックシートで作ったマウスピースを歯にはめ、少しずつ歯を動かしていく矯正治療で、比較的軽症な方に適用されます。歯を動かす段階ごとに、何種類かのマウスピースを作る必要がございます。

マウスピース矯正

治療期間を短縮できる矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

顎の骨に埋入したミニインプラントを固定源とすることで効率よく歯列を動かし、短期間で治療を終えることが出来る矯正治療です。通常の矯正治療より若干(数万円)高価になりますが、治療期間を大幅に短縮できるという利点がございます。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

部分矯正

結婚式や就職の面接など大切なイベントが迫って治療期間が限定されているけれど、歯を削るセラミック治療以外の方法で歯並びの改善を希望される方には、部分矯正を適用できる場合がございます。部分矯正では、前歯のデコボコや隙間、八重歯など極端に歯並びが悪い部分だけを整えることが出来ます。

部分矯正

ページトップへ戻る

お子様の矯正治療(小児矯正)

乳歯列期の歯並びやかみ合わせは、お子様の成長に大きな影響を与えます。不正咬合が成長の妨げになると判断された場合は、速やかな矯正治療が必要となります。放っておくと永久歯の萌出や歯並びに影響するだけではなく、発音や咀嚼、呼吸などの機能障害につながってしまうような深刻なケースもございますので、お子様のお口元にご不安があれば早めにご相談にいらしてください。

小児矯正の装置

成長期のお子様の矯正治療は、多くは顎や歯周組織の成長を利用して行います。永久歯列の機能回復を目標とする大人の矯正治療とは目標も治療方法も異なりますので、顎の発達を促進するもの・抑制するものなど、矯正装置もお子様に合わせたものを使用いたします。

拡大床  ヘッドギア(加強固定装置)  バイオネーター(機能的矯正装置)
フェイシャルマスク  ムーシールド

ページトップへ戻る

矯正治療の流れ

初診時:診査(簡易検査)および相談 ※相談料が無料になりました

精密検査を行う前に、一般の虫歯・歯周病検査としてレントゲン写真・お口の中の写真を撮影致します(虫歯や歯周病の進行が著しいと正確な診断が難しくなる恐れがあるためです)。虫歯検査には、保険が適用されますので、保険3割負担の方の検査費用は、約3,500円となります。次いで、矯正認定医による矯正相談を行います。相談は20分程度で、相談料は無料です。

矯正治療を希望される患者様

当クリニックでは、矯正治療を希望される患者様につきましては、矯正診断に必要な資料採得を行うために、次(2回目)のお約束をお取りします。

矯正治療を希望されない患者様

矯正治療をご希望されない患者様は、矯正相談を以て終了となります。
矯正治療での歯並び改善ではなく、セラミック治療での歯並び改善についての相談もご希望される患者様に関しては、改めて審美担当の歯科医師へご相談いただくこととなります。

2回目:診査(精密検査)※診断料10,000円(税抜)が別途必要となります。

矯正診断用のセファロレントゲン撮影をはじめとした精密検査を受けていただき、診断に必要な資料採得を行います。矯正診断料10,000円(税抜)が別途必要となります。

3回目:診断結果の説明とお見積り書の発行

診断の結果を約20分間かけて患者様にご説明致します。

矯正治療が可能な患者様

診断の結果、当クリニックにおいて矯正治療を実施出来る患者様につきましては、患者様に治療方法や材質の選択をして頂き、お見積り書の発行をさせて頂きます。

矯正治療が難しい患者様

診断の結果、当クリニックにおいて矯正治療を実施出来ない患者様につきましては、この段階でお断りさせて頂きます。また、それでも矯正治療をご希望される患者様につきましては、大学病院への紹介状を発行させて頂きます。

お申し込み・矯正のための一般歯科治療・レントゲン撮影

当クリニックにて矯正治療をご希望される患者様につきまして、矯正治療のお申し込みをして頂きます。
お申し込みをされた患者で、虫歯や親知らずの治療が必要ない患者様は矯正治療の開始となります。虫歯のある患者様、親知らずの抜歯が必要な患者様、歯ブラシ指導が必要な患者様につきましては、矯正治療開始にむけて一般歯科治療や衛生指導を行っていきます。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
  • 審美治療部門
  • インプラント部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス