HOME > 矯正歯科 > 成人矯正 > マウスピース矯正

マウスピース矯正

※現在全顎矯正での取り扱いをおこなっておりません。

ワイヤーを使わず、目立たない矯正治療

目立たない矯正治療

透明なプラスチック製のマウスピースで歯を動かす矯正治療です。段階ごとにお作りしたマウスピースを患者様ご自身につけはずしして頂きます。

透明なマウスピースがぴったりと歯を覆いますので、装置を入れていることに気づかれにくいという利点がありますが、ワイヤーを使用する矯正治療(唇側矯正・舌側矯正)よりも弱い力で歯を動かしますので、適用に制限があるという欠点もあります。

マウスピース矯正治療の流れ

検査・診断

検査を行いマウスピース矯正に適しているかどうかの診断をいたします。マウスピース矯正の適用症例は軽度の不正咬合です。

マウスピース矯正を実施出来る方

当クリニックにて、マウスピース矯正が可能だと診断された方は、歯型を採取してマウスピースをお作りいたします。

マウスピース矯正を実施できない方

抜歯が必要なケースや、大きく歯を動かす必要がある場合は、マウスピース矯正では治療できませんので、ワイヤーを使用する矯正(唇側矯正)を、おすすめしております。

マウスピースのお渡し・装着開始

マウスピース

完成したマウスピースをお渡しし装着の仕方やお手入れの方法などをご説明いたします。

少しずつ歯が動きますので段階ごとにマウスピースを取り替える必要があります。
マウスピースの交換は2週間ごとに行います。

完了・保定観察へ

矯正のためにお作りしたマウスピースをそのまま保定装置としてお使いいただけます。

マウスピース矯正の利点・欠点

マウスピース矯正の利点

透明なプラスチックシートで患者様の歯に合わせて作ったマウスピースを装着して行う矯正治療ですので、矯正装置がほとんど目立たないということが最も大きな利点です。 患者様ご自身でつけはずしをしていただく装置ですので、装置と歯の手入れがしやすく、虫歯のリスクが軽減されます。

また、歯の移動が終了した後の保定には移動のためにお作りしたマウスピースをそのまま保定装置としてご利用いただけます。

マウスピース矯正の欠点

マウスピース矯正の適応は軽度の不正咬合の治療に限られます。歯の重なりが大きかったり、極端にでこぼこの歯列の場合には適用できないことがあります。大きく歯を動かす必要がある場合は、ワイヤーを使用する矯正治療(唇側矯正・舌側矯正)を行うことになります。

弱い力でゆっくりと歯を動かしますので、ワイヤーを使用する矯正と比べると治療期間が長くなってしまいます。

またマウスピースをつけたままでは食事ができませんので、患者様ご自身で付け外しして頂くことになります。外したまま付け忘れていたりすると、その分治療期間が長くなったり歯並びの仕上がりに影響したりすることがございます。

唇側矯正・舌側矯正・マウスピース矯正の比較

  唇側矯正 舌側矯正 マウスピース矯正
審美性 目立ちにくい装置をお選び頂けます 表側からはほとんど見えません ほとんど目立ちません
治療期間 通常2~3年 唇側矯正よりやや長め マウスピースの使用時間に左右されます
(ワイヤー矯正より長め)
費用(上下) 700,000円(税抜)~ 840,000円(税抜)~ 1,200,000円(税抜)~
※全顎矯正の場合
適応症例 基本的に全て対応 症例が限定されます 軽度の症例に限られます
利点 1.症例や装置の種類が豊富
2.歴史も深く、治療的にも最も確立されている
1.目立たない 1.目立たない
欠点 1.シルバーのブラケットの場合、目立ってしまう 1.1回1回の治療時間や治療期間が長くなってしまう
2.費用も割高になってしまう
3.微調整が難しいことからかみ合わせをしっかりと仕上げることが難しい
4.口内炎が多発したり、発音障害が起こりやすい
5.歯の裏側に装置が付くため、装置がかなり気になってしまう
食事のたびにマウスピースの取り外しを行わなければならない
2.外したままつけ忘れていると、治療期間が長くなったり、歯並びの仕上がりに悪い影響を及ぼすことがある
お手入れ 汚れている部分を自分で確認しやすいので、お手入れも難しくない 汚れている部分が見えづらいので、虫歯や歯周病になりやすいので、かなりお手入れが大変 食事の度に、ご自分の歯とマウスピースの両方のお手入れが必要

唇側矯正(表側矯正) 舌側矯正(裏側矯正)

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料カウンセリング予約 無料メール相談
ご予約変更・キャンセル

吉祥寺セントラルクリニック

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです
アクセス